定休日の一日

f0061414_17255055.jpg


月曜日、火曜日と買出しをした残りを
今日も買出し。

吉田町で山野草の鉢を2つ作って、
帰りに大井川町でアメーラトマトを買い込んだ。
完熟させた後、トマトソバの提供に備えてトマトソースを作ります。

その足で、焼津市の法月養鶏で15キロの卵(大部分は家内の使用分)を仕入れた。
更に、数箇所寄って買い物をして帰ると13時を大きく回っている。

昼食後、玄蕎麦を預けてある農家さんに行き持ち帰る。
1つ2つ用事を済ませる。
17時過ぎ。
休みも終わりです。

個人事業と言うのは、まさに全部個人で行う。
2日も定休日を取っていても、やらなければならないことは山積みです。
好きでやったこととはいえ、手打ち蕎麦屋は生産性の低い非効率な仕事です。

通常の手打ち蕎麦屋の客単価は1,200円~1,400円
平日昼に1回転するようになるには、かなりの努力と時間が必要だし、
夜営業しても昼の半分も売り上げれば上出来。

主に母ちゃんと二人で働いて2千万、3千万売り上げる店も有るが
並大抵の体力と気力では続かない。

サラリーマン時代の半分稼ぐのは、現状、夢のまた夢です。
[PR]

by sobasyou | 2009-11-04 18:00