6年目の初日

一般的には、5周年を迎えました。

本当に皆さんにお世話になりながらの5年間でした。
どれが一つ抜けても今はないのだと思います。
お世話になった皆さん、引き立ててくれたお客様に感謝です。

女将さんにも感謝。


開店コンセプトの一つが、「蕎麦好きでないお客様にも喜んでいただけるお店にする」でした。

このため、この5年間は、もちろん基本のセイロにも力入れましたが、種物主体の取り組みでした。
これは、蕎麦屋は料理人とは言われないと聞いたことへの反発でもありました。


これからの5年間は、サブ的に種物も手掛けますが、「蕎麦そのものに向き合う」を目標とします。従って、十割蕎麦や粗挽き蕎麦に取り組みます。


蕎麦つゆ
手挽き粗挽き十割蕎麦用つゆを開発して、蕎麦つゆの難しさを再実感したところです。
手挽き粗挽き十割の蕎麦の香り・甘味を引き出すつゆを完成させて、かなりの自信を持ったのですが、今日試作した蕎麦にはつゆが負けてしまう。
蕎麦つゆ作りも 大きな課題です。

[PR]

by sobasyou | 2010-11-15 17:59